MENU

軽井沢プリンスホテル ウエスト軽井沢プリンスホテル ウエスト

電話での宿泊予約

電話での宿泊予約

軽井沢プリンスホテル ウエスト

0267-42-11110267-42-1111

プリンスホテル予約センター

全国のプリンスホテルのご予約をお電話ひとつでご案内。
24時間安心サポート!

フリーダイヤル0120-00-86860120-00-8686

24時間対応・年中無休
日本語、英語、中国語、韓国語対応

プリンスホテル予約センター

※PHSや一部の携帯電話・IP電話・海外からのお電話などで「フリーダイヤル」「ナビダイヤル」への通話ができない場合はTEL:03-6741-915503-6741-9155をご利用ください。

※プリンスホテルではお客さまサービス向上のため、通話を記録させていただいております。

空室検索・予約

空室検索・予約

SEIBU PRINCE CLUB会員の皆さまには、
最もお得な宿泊料金を保証させていただきます。

軽井沢プリンスホテル ウエスト

チェックイン/チェックアウト
1室の
ご利用人数
部屋数

軽井沢プリンスホテル ウエスト 〒389-0193 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1016-87 TEL:0267-42-1111

アクセス

ホテル 軽井沢で自然満喫!かわいい生き物に出会う旅|軽井沢コラムVol.4

軽井沢で自然満喫!かわいい生き物に出会う旅|軽井沢コラムVol.4

ホテル

自然あふれる軽井沢には、「町獣」に指定されているニホンリスをはじめ、都会ではなかなか見ることができないかわいい生き物がたくさん生息しています。
軽井沢を訪れたらぜひ会ってみたい生き物と、出会える可能性が高い場所などをまとめてみました。
ショッピングの合間に、少し足を伸ばしてハイキングで、時にはプロのガイドと一緒に、軽井沢のかわいい生き物たちに会いにでかけてみませんか?

自然の中でイキイキと暮らす軽井沢の生き物たち

軽井沢は、市街地にも緑が多く、高原ならではの清澄な空気にあふれた町。
メインストリートを少し離れるだけで、水鳥が遊ぶ池や野鳥がさえずる木立があり、キツネやタヌキに出会うことも。そして少し足を伸ばせばツキノワグマやニホンカモシカが暮らす森も広がっています。

軽井沢で会いたい生き物No.1?「町獣」のニホンリス

軽井沢町の町獣に指定されていて、町のシンボルマークにも使われているニホンリスは、その名の通り日本固有の種。リスと聞いて多くの人が想像する縞模様があるシマリスではなく、夏は茶色、冬はやや灰色っぽい体色で腹部分の白さが印象的なかわいい生き物です。

冬眠をしないリスなので、軽井沢では運がよければ季節に関係なくみつけることができます。
別荘エリアの木立の中などをはじめ、時には町の中心部に近い場所、たとえば緑が多い軽井沢プリンスホテルの敷地内で出会えたりすることも。

ニホンリスはオニグルミが大好物なので、結実シーズンの秋にはオニグルミの木の近くで待っていると食べにやってくるリスを見られることもあります。

ただ、見た目も仕草もかわいいニホンリスですが、オニグルミの殻を割るほど鋭い歯をもっているので不用意に近づくのはとても危険です。こどもたちもご注意を。

ニホンリス目当てで軽井沢にでかけたのに、どうしても出会えない-- そんな時は、木の上にこんな塊がないか探してみてください。ニホンリスの巣です。

姿は見られなくても、「ここで暮らしているんだ」と思うと、軽井沢のニホンリスに親近感がわくでしょう。

幸せの青い鳥を探しに軽井沢を訪れてみませんか?

山あり森あり湖ありと、多彩な自然に恵まれた軽井沢では、渡り鳥を含めて四季折々、さまざまな種類の野鳥をみることができます。
キジやフクロウといった物語の中でしか知らなかった鳥にもあっさり出会えたりすることがあるのも軽井沢の魅力です。

また、軽井沢の「町鳥」に指定されているアカハラをはじめ、アオジやキビタキなどカラフルな鳥がたくさん生息しているのもポイント。
青色が美しいオオルリ、カワセミ、ルリビタキなども比較的見つけやすいので、軽井沢の自然の中「青い鳥を探す旅」を楽しんでみるのも素敵です。

おすすめのバードウォッチングスポット

千ヶ滝遊歩道

軽井沢の名所のひとつとして多くの人に愛されている千ヶ滝。駐車場から滝につづく遊歩道「千ヶ滝せせらぎの道」では、賑やかな鳴き声のミソサザイなど渓流の近くに棲む鳥に会うことができます。
川幅が広く浅瀬になっている場所では、野鳥が水浴びする姿などをこどもたちでも発見しやすいでしょう。

雲場池

雲場池は、繁華街からも近く気軽に訪れられるスポットです。
池をめぐる遊歩道が整備されていて、普通に歩くと一周約20分程度。
古くは白鳥が飛来していた時期もあり、軽井沢を訪れる外国人からスワンレイクと呼ばれたそうですが、残念ながら現在は白鳥を見ることはできません。
しかし、カルガモやマガモ、カイツブリ、オシドリなどの水鳥がのんびりと水に浮かぶ様子や、アオサギやダイサギなどが水辺で憩う姿など、四季を通じて野鳥を観察できます。
新緑や紅葉とともに野鳥の写真を撮影する場所としてもおすすめです。

国設軽井沢野鳥の森

標高950~1,100mのところにある高原の森で、広さは約100ha。森の中にバードウォッチングに最適な約3kmの遊歩道が設置されています。
軽井沢野鳥の森では、年間で約80種類の野鳥が見られるといわれていますが、ベストシーズンは晩秋から早春。この時期は木々が落葉して森の中でも見通しがよくなるため、慣れていない人でも鳥がみつけやすくなります。

春から秋は、森に響くさまざまな鳥の声に耳を傾けながらの散策が心地よく、季節の花々も目を楽しませてくれます。ただこの時期はツキノワグマの活動時期と重なるため、森に入る時間は早朝と夕方を避け、熊よけ鈴も携行しましょう(ピッキオ野鳥の森ビジターセンターで無料レンタルあり)。

■ピッキオ野鳥の森ビジターセンター

営業時間:9:30A.M.~4:00P.M.(季節変動あり)
住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野
TEL:0267-45-7777
料金:各種ツアーは、下記Webサイトをご参照ください。

※軽井沢野鳥の森の遊歩道は、いつでも無料で散策可能。

昆虫好きなら見逃せない「旅する蝶」も訪れる軽井沢

図鑑でしか知らなかった昆虫を間近で見られる場所があったり、夏休みには夜の昆虫観察会などのイベントが開催されたり、昆虫が大好きなこどもたちにとって軽井沢はとびきり楽しい場所。

また、5月末頃から鳴き始めるエゾハルゼミから盛夏のエゾゼミと移り変わる高原の町ならではの蝉時雨や、初秋の澄み切った空気の中を乱舞するトンボなど、ただ町を歩くだけでも昆虫を通して季節や自然を満喫できるのも軽井沢の魅力です。

夏の夜の風雅な光・ホタルに会いに行く

清澄な水辺が点在する軽井沢では、ホタルもよく見られます。
そのなかでも名所といわれるひとつが「軽井沢 発地 ホタルの里」。地元の方たちが大切にしているゲンジボタルやヘイケボタルを見ることができます。
シーズンになるとtwitterで発生情報が配信されるので、チェックしてみてください。

もうひとつは軽井沢の塩沢地域。ここでも先人によって守られてきたホタルたちに会うことができます。
7月の最盛期には、「塩沢村ホタルの会」のメンバーが提灯片手に案内するツアーもある「蛍めぐり祭」が予約制で開催されています。この時期に軽井沢を訪れる予定があればぜひWebサイトやSNSで開催情報の確認を。

軽井沢発地ホタルの里

塩沢村蛍めぐり祭

軽井沢カブトムシの森

軽井沢プリンスホテル「ネイチャーキッズ森の家」の期間限定体験「軽井沢カブトムシの森」は夏休みのこどもたちに大人気のプログラムです。

森の中に放されたたくさんのカブトムシと出会えるだけでなく、「夜の昆虫観察会」や夏休みの自由研究にもおすすめの「カブトムシ標本教室」も開催されます。

■ネイチャーキッズ森の家 軽井沢カブトムシの森

入場料:1名さま¥1,000(おとな・こども同一料金)
営業期間:2022年夏 未定
営業時間:9:00A.M.~5:00P.M.(最終受付は4:30P.M.)
場所:軽井沢プリンスホテルイーストより徒歩10分のアクティビティホール傍にドーム設置
TEL:0267-42-8114

軽井沢花咲山蝶の楽園

日本列島を縦断し台湾に至るまで2,000キロを超える長旅をすることで知られる「旅する蝶」アサギマダラに軽井沢で出会うことができます。
アサギマダラが軽井沢に飛来するのは9~10月初旬。
夕方軽井沢に到着したアサギマダラはここで一泊、早朝から大好物のフジバカマの蜜を吸って、満腹したらまた旅立って行くのだそう。

軽井沢アサギマダラの会が管理する軽井沢花咲山蝶の楽園では、フジバカマの花畑の中を可憐な蝶が乱舞する、蝶好きにとっては夢のような光景がみられます。

園内では、春から秋にはアサギマダラ以外の蝶も多く観察でき、6~7月にはホタルをみることもできます。

■軽井沢花咲山蝶の楽園

見頃の時間:10:30A.M.~4:00P.M.
入場料:無料
場所:軽井沢町長倉(「木もれ陽の里」から400m)
TEL:0267-45-6028(土屋正治氏)

プロのガイドでとっておきの生き物ウォッチングを楽しむ

多くのかわいい生き物に出会える軽井沢ですが、初めてでかけた方や自然の中を歩くことに慣れていない方だとなかなかお目当ての生き物に出会えないことも。
そんな時は軽井沢の自然に精通したガイド同行のツアーがおすすめ。生き物のみつけ方のアドバイスはもちろん、生態や自然についての詳しい話を聞くこともできます。
またこどもと一緒に楽しみたい時や、夜間や早朝の生き物ウォッチングもプロのガイド付きだと安心です。

野鳥の森ネイチャーウォッチング

野鳥はもちろん、たくさんの生き物が棲む「軽井沢野鳥の森」。
森の入口にあるピッキオが主催している「野鳥の森 ネイチャーウォッチング」は、野鳥だけでなく、動物、昆虫、植物など、森のさまざまな生き物を観察しながら歩くツアーです。
歩行距離は約2kmと短めなので、こども連れでも気軽に参加できて、四季折々の森の魅力を堪能できます。

■ピッキオ 野鳥の森ネイチャーウォッチング

料金:おとな¥2,500、4才~小学生¥1,200
双眼鏡レンタル1台¥300
開催期間:通年
開催時間:午前の回 10:00A.M.~12:00P.M.
     午後の回 1:30P.M.~3:30P.M.(3月中旬~11月30日のみ)
住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野
TEL: 0267-45-7777

軽井沢プリンスホテル自然体験プログラム ネイチャーキッズ森の家

ピッキオ ワイルドサファリツアー

野生動物探知用の特殊なライトを装備したサファリカーで軽井沢の野生動物を探しながら山道を走行、普段は見ることができない野生動物の生態を観察できるツアーです。

探索スポットに着いたら車から降りて自分自身でライトで照らしながら野生動物を探します。ライトに反応してキラリと目が光ったら野生動物発見!こどももおとなも大興奮まちがいなしの一瞬です。

出会える可能性があるのは、野生のニホンジカやニホンカモシカ、イノシシ、キツネ、タヌキ、アナグマ、ウサギなど。
4才から保護者同伴で参加可能。森のいきもの案内人 ピッキオのプロガイドが案内してくれるので安心して楽しめます。

■ネイチャーキッズ森の家 ピッキオ ワイルドサファリツアー

体験時間: 4~8月 7:30P.M.~9:00P.M.(1.5時間)
     9~10月 6:30P.M.~8:00P.M.(1.5時間)
開催期間:2022年4月23日~10月31日
料金:おとな(中学生以上)¥6,500、4才~小学生¥4,500
場所:軽井沢プリンスホテル イースト内
TEL:0267-42-8114

まとめ

軽井沢の豊かな自然の中で生き物と出会うひとときは、こどもはもちろんおとなにとっても印象深い時間になること間違いなし。
家族でワクワク過ごす夏休み、とびっきりの写真を撮るための旅、自然の中でリラックス&リフレッシュなどいろいろな目的で、軽井沢のかわいい生き物との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

軽井沢コラム

Vol.1 スポーツ体験7選

Vol.2 愛犬と軽井沢

Vol.3 キッズおすすめ

Vol.5 ショッピング三昧