サステナビリティアクション
(ESG)SUSTAINABILITY ACTIONS

プリンスホテルでは、西武グループの一員として、グループ共通の理念として掲げております「グループビジョン」に基づき、国連が提唱する国際的な課題解決に向けた「持続可能な開発目標 (SDGs)」を強く意識し、その目標達成のためのサステナビリティアクション推進体制を整備し取り組んでおります。
当社は、西武グループの中核を担うホテル・レジャーセグメントにおける事業特性を踏まえ、アジェンダに沿った各種取り組みを積極的に推進しております。当社は、ホテル・レジャー事業分野において日本でも最大の事業規模を有しており、その強みを最大限に活かした私たちにできるサステナビリティアクションは無限にあるものと確信しております。そして、その取り組みを力強く推進することにより、私たちが抱える環境問題や社会課題の解決に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。株式会社プリンスホテル 代表取締役社長小山正彦

サステナビリティアクション
推進体制

西武グループでは、グループ理念である「グループビジョン」に基づき行っている幅広い事業・サービスにより、持続的な社会形成への課題対応を図ることで、持続的かつ力強い成長を目指しております。
これら環境、社会、ガバナンスなど一般的に「ESG活動」と呼ばれる活動を西武グループでは「サステナビリティアクション」と呼び、グループ全社において持続的な成長を遂げるため取り組んでおります。
また、社会課題・事業環境等を踏まえて、特に取り組むべき4領域(安全、環境、社会、会社文化)、12アジェンダ(重要テーマ)を設定し、アジェンダに沿った取り組みを積極的に進めております。
西武グループの中核を担う企業であり、観光業界のリーディングカンパニーであるプリンスホテルにおいても、地球規模の環境問題、社会課題に向き合い、アジェンダに沿った取り組みをホテル・レジャー事業の特性を活かし、積極的に推進し、持続可能な社会実現に貢献してまいります。

4領域、12アジェンダ
(重要テーマ)

〈安全〉

アジェンダ:安全安心
詳細はこちら>

3 すべての人に健康と福祉を 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを 16 平和と公正をすべての人に

〈環境〉

アジェンダ:温室効果ガス削減、廃棄物削減、
水資源の確保、森林や生物保護
詳細はこちら>

6 安全な水とトイレを世界中に 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう

〈社会〉

アジェンダ:沿線・周辺自治体活性化、
ユニバーサルデザイン対応、少子高齢化
詳細はこちら>

3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 11 住み続けられるまちづくりを 17 パートナーシップで目標を達成しよう

〈会社文化〉

アジェンダ:働き方改革、多様な人材雇用、
従業員教育・管理、コンプライアンス
詳細はこちら>

3 すべての人に健康と福祉を 5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 16 平和と公正をすべての人に

アジェンダ設定フロー

STEP1社会課題の抽出

SDGs、ISO26000、
GRI Standardsなどを
参考に、社会課題を抽出

STEP2社会課題の絞り込み

事業領域、外部環境・他社の取り組み等を鑑み、社会課題を絞り込み

STEP3アジェンダ決定

グループビジョン、現在の取り組み内容及び経営会議での議論などから優先付け、分類などを行い、アジェンダを決定。中期経営計画においてサステナビリティ アクションを重点施策として取締役会にて決議。

体制図

サステナビリティアクションを持続的・積極的かつ体系的に進める体制を整えるため、「西武グループサステナビリティアクション推進体制規程」を制定しております。
プリンスホテルでは、「プリンスホテルサステナビリティアクション推進会議」を設置し原則年2回会議を開催し、プリンスホテルとしてのサステナビリティアクションへの取り組み方やグループ各社におけるサステナビリティアクションの推進状況、気候変動リスク等への対応方について報告・ディスカッションを行っております。体制図についての詳細は以下のとおりです。

西武ホールディングス
取締役会

西武ホールディングス
社長執行役員

西武グループ
サステナビリティ委員会

西武グループサステナビリティアクション
推進者会議

プリンスホテル
推進部署

プリンスホテル
サステナビリティアクション
推進会議事業会社事業会社

西武グループ子会社
推進部署事業会社事業会社

西武グループ子会社
推進部署事業会社事業会社

プリンスホテル
サステナビリティアクション
推進会議事業会社事業会社

西武グループのサステナビリティアクション(ESG)への取り組み

領域別取り組み

〈安全〉アジェンダ:安全安心

安全なサービスを確実に提供することで
お客さまの生活の基盤を支えるほか、
ビジネス・余暇を問わず安心した時間を過ごせる
環境づくりを行います。

3 すべての人に健康と福祉を 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを 16 平和と公正をすべての人に
PRINCE safety COMMITMENT

・新型コロナウイルス感染症対策

お客さまにより安全で清潔な空間で快適にご滞在いただけるよう、新たな衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)」を策定し、導入しております。

(取り組み内容)
・従業員の衛生体制の強化
・清掃・消毒の推進
・お客さまの健康確認
・飛沫防止対策の徹底

・食の安全・安心

お客さまがより安心してお食事いただけるよう、食材や厨房の品質・衛生管理、従業員に対する教育を徹底し、食の安全の確保と食品事故の防止に全力で取り組んでおります。

(2018年度BCP訓練の様子)

・BCP(事業継続計画)への対応

災害等の緊急時においても、お客さまをはじめ、従業員および協力会社等の安全、安心を確保することが、当社の事業活動の基盤であると同時に社会的責務であると認識しております。お客さまの安全を確保するため、緊急時の事業継続に関する基本方針を定め、社内体制の構築、施策の実施・継続、それらの継続的な改善を行っております。

・反社会的勢力等への対策
(タトゥー対策等、安心してご利用いただけるための取り組み)

西武グループ行動指針において「反社会的勢力との絶縁」を誓っており、それら団体に対しては毅然とした対応をしこれら勢力の活動を助長するような行為は一切行いません。またグループ会社が保有・運営するすべてのプールおよび温浴施設などでは刺青・タトゥーをされた方の入場を禁止し、安全で楽しくご利用いただける施設運営を行っております。

〈環境〉アジェンダ:温室効果ガス削減、廃棄物削減、水資源の確保、森林や生物保護

エネルギー使用の効率化などによる環境負荷を軽減することに加え、
事業を通じて環境の保全に貢献することで、
自然環境や大気、水資源などに配慮いたします。

6 安全な水とトイレを世界中に 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう

(プリンスエナジーエコファーム南郷)

・自然エネルギーの活用
・環境に配慮した設備の導入

自然エネルギーの活用およびエネルギー使用の効率化による環境負荷の軽減に加え、事業を通じて環境の保全に貢献することで、自然環境や大気、水資源などに配慮いたします。

(取り組み内容)
・自然エネルギーの活用
(太陽光発電・水力発電、地熱活用)
西武グループの再生可能エネルギー
(太陽光発電・水力発電)

・全ホテル、スキー場、ゴルフ場にて照明機器のLED化を推進
・ヒートポンプを活用した高効率熱源機器の導入を推進
・電気自動車、電気カートなどの省エネ車両の導入
・共同配送による運送車両削減
日本ホテル協会 第2回社会貢献表彰にて優秀賞受賞

(食品ロス削減に向けての啓発ポスター)

・食品廃棄物の削減

食品廃棄物を削減するため、無駄のない食材調達や料理提供を行うとともに、廃棄された食品廃棄物の軽量化や資源化に対する取り組みを推進しております。

(取り組み内容)
・調達システムによる食材発注の一元管理
・食べ残し防止ポスター掲出による啓発
・食品廃棄物の乾燥による減量および肥料への再利用

(プライベートブランド商品「南魚沼のおいしい湧き水」)

・水質保全活動
・排水の再利用

取水地自治体への寄付による水質保全活動など、きれいな水を確保する取り組みを行っております。また、貴重な水資源を確保するため、使用する水の量の抑制や再利用のための施策実施や設備導入も進めております。

(取り組み内容)
・プライベートブランド商品「南魚沼のおいしい湧き水」の売り上げの一部を水源のある新潟県南魚沼市へ寄付
・井戸水の活用、排水・雨水の再利用
・2泊以上ご宿泊のお客さまに「エコフレンドリー活動」を実施することで、洗剤による環境汚染を低減

(伐採木のディスプレイや再利用された木のプレート)

・緑を守る活動
・緑を増やす活動

保有資産に自生する樹木の保護に加え、周辺自治体等との連携により緑を守る活動・増やす活動を行っております。

(取り組み内容)
・プリンスホテルの立地する北海道、群馬県、長野県、神奈川県、滋賀県にて自治体と協力し間伐や植林
・軽井沢プリンスホテル ウエストでは新設に伴い伐採された材木をディスプレイとして再利用

・生物保護のための活動

生物保護のための活動として、海洋生物と生態系に影響を与えるとされているプラスチックごみ削減に向けた取り組み、および環境や社会に配慮した食材・商品の使用を推進しております。

(取り組み内容)
・プラスチック製ストローの廃止(紙製に変更)
・ゴルフ場の使い捨てビニール袋提供終了
・プラスチック製買物袋の有料化を開始(国内施設の直営店舗において売上金の一部を各施設が位置する地方自治体へ寄付)

〈社会〉アジェンダ:沿線・周辺自治体活性化、ユニバーサルデザイン対応、少子高齢化

地域の活性化を図るとともに、
日本全体が抱える社会課題である少子高齢化、
ユニバーサルデザイン対応などに積極的に取り組みます。

3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 11 住み続けられるまちづくりを 17 パートナーシップで目標を達成しよう

・地産地消の推進

国内の各施設において、地元の生産者の方が育てたご当地食材や地元に根付いた食文化をメニューに取り入れることで、地域食材・食文化を継承、発信し、地域活性の一端を担ってまいります。

(ユニバーサルルーム)

・ユニバーサルデザイン対応

バリアフリー対応として、すべてのお客さまに安全で使いやすい設備・環境を目指し、ハード面・ソフト面でバリアフリー対応を進めております。
インバウンド対応として、増加する訪日外国人への対応を強化するため、情報発信の多言語化のほか、受け入れ環境整備などを進めております。

・こども応援プロジェクト

お子さまの健やかな成長とご家族の大切な思い出作りができる様々な企画や商品プランをご用意。西武グループこども応援プロジェクトをはじめプリンスキッズクラブやスキー応援プロジェクトなど、子供たちの未来を作るお手伝いをいたします。

〈会社文化〉アジェンダ:働き方改革、多様な人材雇用、従業員教育・管理、コンプライアンス

一人ひとりが常にグループビジョンを意識し行動できるよう
グループビジョン浸透に向けた活動を行うほか、
信頼される会社文化を築くための体制づくりを進めております。

3 すべての人に健康と福祉を 5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 16 平和と公正をすべての人に

(富良野スタッフ寮)

・働き方改革

ワークライフバランスの充実や従業員にあった働き方を目指し、長時間労働の抑制への取り組みや支援制度の運用等を行い、働きやすい環境づくりの推進をしております。

(取り組み内容)
・DXの推進、業務効率化による長時間労働の抑制
・カムバック制度や半日休暇制度等の支援制度の運用

・多様な人材雇用

従業員一人ひとりの個性を尊重し、多様性を活かした組織をつくることで企業競争力を高めていくため、女性従業員の活躍促進を中心とした取り組みに加え、安心して働くことのできる環境整備、その他外国人雇用や障がい者雇用、シニア人材の確保など多様な人材確保に努めてまいります。
西武グループのダイバーシティ

(取り組み内容)
・女性リーダーを育成するためのキャリアアップ研修を実施
・男性育児休業取得の推進

(2020年度新入社員導入教育の様子)

・従業員教育

持続的な企業価値向上および生産性向上に向け、社員一人ひとりが、高いモチベーションと挑戦意欲を持ち、主体的に判断し行動できる人材へと成長を遂げるため、階層別研修、専門研修等の研修制度の充実を図るほか、自己啓発支援などを行っております。

(取り組み内容)
・新入社員教育、職種別研修、階層別研修、ダイバーシティ研修、通信講座、資格取得支援を実施

(2019年度コンプライアンス研修の様子)

・コンプライアンス体制の整備

グループビジョンに基づいて作られた「西武グループ企業倫理規範」・「行動指針」に則り、各職場のコンプライアンス推進のために、その中心的役割を担うコンプライアンス担当者・責任者を配置し、コンプライアンスの浸透・定着に取り組んでおります。
プリンスホテルのコンプライアンスへの取り組み

サステナビリティアクションへの取り組み 
プレスリリース