MENU

The Hotel Seiryu Kyoto KiyomizuThe Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu

電話での宿泊予約

電話での宿泊予約

The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu

075-532-1111075-532-1111

プリンスホテル予約センター

全国のプリンスホテルのご予約をお電話ひとつでご案内。
24時間安心サポート!

フリーダイヤル0120-00-86860120-00-8686

24時間対応・年中無休
日本語、英語、中国語、韓国語対応

プリンスホテル予約センター

※PHSや一部の携帯電話・IP電話・海外からのお電話などで「フリーダイヤル」「ナビダイヤル」への通話ができない場合はTEL:03-6741-915503-6741-9155をご利用ください。

※プリンスホテルではお客さまサービス向上のため、通話を記録させていただいております。

空室検索・予約

空室検索・予約

SEIBU PRINCE CLUB会員の皆さまには、
最もお得な宿泊料金を保証させていただきます。

The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu

チェックイン/チェックアウト
1室の
ご利用人数
部屋数

The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu 〒605-0862 京都府京都市東山区清水二丁目204-2 TEL:075-532-1111

アクセス

ホテル 無線LANサービス利用規約

無線LANサービス利用規約

ホテル

Article 1 (Purpose)

第1条(目的)

本規約は、宿泊、宴会等でザ・ホテル青龍 京都清水(以下「当社」という。)
の施設を利用するお客さま(以下 「利用者」という。)が、当社の提供する
無線LANによるインターネット接続サービス(以下「本サービス」という 。)
を利用する際の条件を定めることを目的とします。

This agreement (“the Agreement”) is an agreement between The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu.
(“the Company”) and a guest of the accommodations, banquets and other facilities of the Company
(“the User”). Its purpose is to set forth the conditions governing the use by the User of the
wireless LAN internet connection service provided by the Company (“the Service”).

Article 2 (Nature of the Service)

第 2 条(本サービスの内容)

本サービスは、利用者に対し、当社施設内に設置した無線
LAN アクセスポイントを使用したインターネット接続 サー
ビスを提供するものです。
The Service consists of the provision to the User of
an internet connection service using wireless LAN access points installe
d inthe facilities of the Company.
前項のアクセスポイント以外に本サービスの利用に必要となるモバイル機器
、 Web ブラウザ等は、利用者が自ら用意しなければなりません。ただし、
当社が別途サービスとして提供する場合はこの限りではありません。

For use of the Service other than through the access points described
in Paragraph 1 above, for example through mobile device
s,Web browsers or the like, the User will ne ed to furnish said devices
himself/herself, unless otherwise specified in a separateservice agreement.

Article 3 (Usage Times)

第 3 条(利用時間)

利用者は、本サービスを
24 時間利用することができます。
The User can use the Service 24 hours a day.

Article 4 (Fees)

第 4 条(料金)

本サービスの利用料金は、無料とします。
The Service

Article 5 (Usage Procedure)

第5 条(利用の手続き)

本サービスの利用を希望する場合、利用者は、当社からご案内する
SSID、セキュリティ・キーを使用して無線 LAN に接続します。

When the User wishes to use the Service, the User connects
to the wireless LAN using the SSID and security key explained by
the Company.

第2 条第2 項但書の場合を除き、無線LAN への接続に係るモバイル機器等
の設定は、利用者が行うものとします。

Except as described in Article 2, Paragraph 2, the User shall perform
the mobile-device or other settings related to connectionto the wireless LAN.

Article 6

(Prohibited Items)

第6 条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、次の行為を行ってはなりません。
In using the Service, the User is prohibited from the following actions.
犯罪若しくは犯罪に結び付く行為又はそのおそれのある行為

(1) Crimes and actions suspected of leading to crimes
公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為又は公序良俗に反する 情報を提供する行為
Actions that are or may be contrary to public morals, and provision of information contrary to public morals
当社又は第三者の名誉、プライバシー、著作権等の知的財産権その他の権利 を侵害する行為又はそのおそれのある行為
Actions injurious to the reputation, privacy, copyrights, intellectual property rights or other rights of the Company or any third
party
当社から交付されたSSID、セキュリティ・キー、利用者ID を、貸与、譲渡その他の方法により第三者に開示し又は漏洩する
行為
Lending, transfer or disclosure by any other means to any third party of any SSID, security key and/or user ID provided by the
Company
コンピュータウイルス等の有害なプログラムを使用又は提供する行為
Actions that use or provide computer viruses or other harmful programs
通信販売、連鎖販売取引、業務提供誘引販売その他の目的で、特定又は不特定多数のメールアドレスに大量のメールを送信す
る行為
Dissemination of large volumes of e-mail to large numbers of persons, specified or unspecified, for purposes of e-commerce,
multilevel marketing, business-opportunity-related sales, or other purposes
当社又は第三者を誹謗中傷する行為
Slander of the Company or any third party
選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為
Election campaigning or similar activities, whether during an election period or otherwise
性風俗、宗教又は政治に関する活動
Prostitution, religious proselytization or political activity
前各号に掲げるもののほか、法令に違反する行為若しくはそのおそれのある行為又は当社が不適切であると判断した行為
In addition to the above, any actions that are or may be illegal or that the Company deems inappropriate

Article 7

(Responsibilities of the User)

第7 条(利用者の責任)

利用者は、本サービス利用時に利用者に生じたコンピュータウイルス感染、
データの破損、不正アクセスによる情報漏洩その他一切の損害について、自ら責任を負います。
The User is solely responsible for any damage whatsoever that may occur due to the User’s use of the Service, including but not
limited to infection by computer viruses, destruction of data and leakage of data caused by unlawful access.
利用者は、本サービスを利用してインターネット上の有料サービスを利用し
た場合であっても、自らその代金 、費用等を負担し、当社は、これに対して一切の責任を負いません。
The User is solely responsible for fees and expenses incurred by the User in the course of using the Service, including use of
fee-payable online services. The Company bears no responsible for such fees and expenses whatsoever.
利用者が本サービスを利用したことにより、他の利用者を含む第三者との
間に紛争等が生じた場合、利用者は 、自らの責任及び負担においてこれを
解決し、当社がその対応を余儀なくされ、当該紛争等が利用者の責に帰す
べき事由によるときは、当社に対し、その対応に要した一切の費用(合理
的な弁護士費用等を含む。)を直ちに支払わなければなりません。
If any dispute arises with any third parties, including other users of the Service, as a result of the User’s use of the Service, the
User shall resolve the issue under the User’s responsibility and at the User’s expense. If the Company is unavoidably obliged to
take action in response, and the User is responsible for said dispute, the User shall immediately pay all expenses required for
said response, including reasonable legal expenses.

Article 8 (Compliance)

第8 条(規約の遵守)

利用者は、誠実に本規約を遵守する義務を負います。
The User bears responsibility to comply strictly
with the terms of the Agreement in good faith.

利用者が本規約に違反した場合、当社は、利用者に対する
サービスの提供を直ちに停止し又は終了すること ができます。
If the User violates the Agreement, the Company may immediately
suspend or terminate provision of the Service to the User.

Article 9 (As-Is Basis)

第9 条(無保証)

本サービスは、施設内の全ての場所、時間における確実なインタ
ーネット接続を約束するものではありません。利用者がイン
ターネット接続をする場所、時間帯、接続する機器の種類・数
、使用するソフトウェアの種類、通信内容その他の事情により、
インターネットに接続できない、接続が不安定になる、通信速
度が低下する等の可能性があります。
The Service does not promise that a reliable internet connection will be available at all locations within the Company’s facilities
and at all times. The User may experience failure to connect to the internet, unreliable connection or slow communication
speed due to the location or time of internet connection, the types and numbers of connecting devices, the types of software
used by the User, the nature of the content being sent or received, or other factors.
当社は、本サービスの内容及び利用者が本サービスを通じて
得る情報等につき、いかなる保証も行いません。
The Company makes no guarantee of any sort whatsoever regarding the content of the Service or information the User may
obtain through the use of the Service.

Article 10

(Compensation for Damages)

第10 条(損害賠償)

利用者が本規約に違反し、当社又は第三者に損害を与えた場合
、利用者は、当該損害を賠償する責任を負います。
If the User commits a violation of the Agreement that leads to damages to the Company or any third party, the User shall be
responsible for compensation for said damages.
利用者がその責めに帰すべき事由により本規約に違反し、
利用者自身に損害が生じた場合であっても、当社は、当該損害につ
き一切の責任を負いません。
If the User violates the Agreement for reasons that are the responsibility of the User, the Company shall bear no responsibility
whatsoever for any damages occurring to the User.

Article 11

(Management, Suspension, etc. of the Service)

第11 条(本サービスの管理・停止等)

当社は、本サービスの適切な利用を図るため、利用者のアクセスロ
グの記録、特定の接続の制限その他本サービスの運営上必
要な管理を行うことができます。
To ensure appropriate use of the Service, the Company may record the User’s access logs, restrict certain connections or
otherwise manage the Service as necessary for its operation.
次の各号のいずれかに該当する場合、当社は、利用者へ通知することなく、
本サービスの全部又は一部の提供を停止することができます。
If any of the following conditions applies, the Company may suspend provision of the Service to the User, in whole or in part,
without notice to the User.
本サービスの保守又は工事を行う場合
The Service requires maintenance or installation.
暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他
の非常事態により、本サービスの運用が通常どおり実施できないおそれのある場合
Normal operation of the Service is not possible due to insurrection, public disturbance, labor strife, earthquake, volcanic
eruption, flooding, tsunami, fire, electrical power failure or other unusual occurrence.
本サービスに係る設備やネットワークの障害等、やむを得ない事由がある場合
Suspension of the Service is unavoidable due to damage to the equipment or networks of the Service or other similar reason.
前3 号に掲げるもののほか、当社が必要と判断した場合
Other than for the reasons listed in Items (1) to (3) above, the Company deems it necessary to suspend the Service.
利用者の宿泊、宴会等による当社施設の利用が終了した場合、
当社は、利用者へ通知することなく、本サービスの提供を終了することができます。
When the User has finished using the facilities of the Company for accommodation, banquet or other purposes, the Company
may terminate provision of the Service to the User without notice.
前各項の措置により、利用者又は第三者に損害が生じた
場合、当社は、当該損害につき一切の責任を負いません。
The Company bears no responsibility whatsoever for any damages that may occur to the User or any third party as a result of
the measures described in Paragraphs 1 to 3 above.

Article 12

(Handling of Personal Information and Purposes of Use)

第12 条(個人情報の取得及び利用目的)

当社は、次の目的のため、本サービスを通じて取得した個人情報を利用します。
The Company uses the personal information it collects through the Service for the following purposes.
本サービスの照会 及び受付のため
To make and accept inquiries regarding the Service
利用者の本人確認等のため
To confirm the User’s identity and similar information
本サービスの提供に関する妥当性の判断のため
To judge the appropriateness of provision of the Service
利用者との契約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行のため
To exercise rights and fulfill responsibilities based on agreements with the User, the law and other considerations
市場調査やデータ分析等によるサービスの向上や開発のため
To conduct market surveys, data analysis and other actions to improve and develop the Service
サービスの終了後の管理のため
To manage the Service after Service termination
その他利用者との取引を適切かつ円滑に履行するため
Otherwise for the appropriate and smooth exercise of transactions with the User
当社は、以下の業務を他の事業者に委託する際に、本サービスを通
じて取得した個人情報の全部又は一部を提供することができます。
When the Company entrusts the following duties to a contractor, the Company may provide some or all of the User’s personal
information acquired through the Service to said contractor.
お客様相談等の対応業務
Customer consultation and similar duties
サービスの向上や開発業務
Improvement and development of the Service
本サービスの保守又は継続に関する業務
Maintenance and continuation of the Service
その他利用者との取引を適切かつ円滑に履行するための業務
Other duties for the appropriate and smooth exercise of transactions with the User

Article 13 (Governing Laws)

第13 条(準拠法)

本規約は、日本法における法の抵触についての規範(法の適用に
関する通則法)の如何に関わらず、日本法を準拠法とし、同法に従って解釈されるものとします。
Regardless of norms in the laws of Japan regarding infringement of the law (Act on General Rules), the Agreement is governed
by the laws of Japan and is interpreted in accordance with those laws.
Article 14 (Changes and Abolition)

Article 14 (Changes and Abolition)

第14 条(変更・廃止)

当社は、利用者の承諾を得ることなく、本規約の内容(本サービスの
内容を含む。)を変更し又は本サービスの提供を廃止することができます。
なお、本規約の変更は、変更等の効力発生日の1 ヵ月前までに、本規約を
変更する旨及び変更後の本規約の内容、効力発生日を当WEB サイトにてお
知らせし、効力発生日以降は、変更等後の本規約が最新のものとして本サービスに
適用されます。

The Company may without the User’s consent change the terms of the Agreement (including the content of the Service) or
eliminate provision of the Service. In the event of a change of the Agreement, the Company shall, no later than one month
before the effective date of the change, provide notice on the Company’s website of the upcoming change, the content of the
Agreement after the change and the effective date of the change. On and after the effective date of the change, the agreement
as changed shall be applied to the Service as the newest version of the Agreement.