MENU

札幌プリンスホテル札幌プリンスホテル

電話での宿泊予約

電話での宿泊予約

札幌プリンスホテル

011-241-1111011-241-1111

プリンスホテル予約センター

全国のプリンスホテルのご予約をお電話ひとつでご案内。
24時間安心サポート!

フリーダイヤル0120-00-86860120-00-8686

24時間対応・年中無休
日本語、英語、中国語、韓国語対応

プリンスホテル予約センター

※PHSや一部の携帯電話・IP電話・海外からのお電話などで「フリーダイヤル」「ナビダイヤル」への通話ができない場合はTEL:03-6741-915503-6741-9155をご利用ください。

※プリンスホテルではお客さまサービス向上のため、通話を記録させていただいております。

空室検索・予約

空室検索・予約

SEIBU PRINCE CLUB会員の皆さまには、
最もお得な宿泊料金を保証させていただきます。

札幌プリンスホテル

チェックイン/チェックアウト
1室の
ご利用人数
部屋数

札幌プリンスホテル 〒060-8615 北海道札幌市中央区南2条西11丁目 TEL:011-241-1111

アクセス

2020年01月23日

ホテル 《STAFF RECOMMEND vol.5》 カクテルを楽しむ、ちょっと特別なひと時を

《STAFF RECOMMEND vol.5》 カクテルを楽しむ、ちょっと特別なひと時を

ホテル 2020年01月23日

権威ある大会で、北海道初、プリンスホテルでも初の優勝を果たした名取麻子に、カクテルづくりやバーの魅力をインタビューしました。

スカイラウンジ トップ オブ プリンス バーテンダー 名取麻子

祖父がバーテンダーで、父の営む飲食店では日本酒の洗礼を受けたというバックグラウンドを持つ。
ハンガリーと日本との外交開設150周年を祝い、駐日ハンガリー大使館を後援に迎えて開催された
第7回H.B.A/KOKUBU共催カクテルコンペティション2019「UNICUM HIGHBALL CHALLENGE」で優勝。

<主な受賞歴>
2013年 北海道農作物を使用したカクテルコンクール2013 キリン・ディアジオ賞
2014年 北海道産農産物を使った全国カクテルコンクール2014 北海道知事賞グランプリ
2015年 第3回H.B.A/KOKUBU共催カクテルコンペティション 最優秀技術賞
2016年 2016サントリー・ザ・カクテルアワード ロングカクテル部門 優秀賞
2018年 八戸市長杯カクテルコンペティション クラシック部門 優勝
2019年 第7回H.B.A/KOKUBU共催カクテルコンペティション2019UNICUM HIGHBALL CHALLENGE 優勝

背景にあるいくつものストーリーを融合させて生まれるカクテル。

背景にあるいくつものストーリーを融合させて生まれるカクテル。

優勝させていただいた大会のテーマは「カクテルと食とのペアリング」で、カクテルにはハンガリー伝統の薬草酒「ウニクム」を使用するというものでした。昨今の健康ブームもあり、お酒の世界でもこうしたリキュールは注目されているジャンルの一つですが、甘さと苦味、独特の香り、そして濃い色みをどうカクテルに創り上げるかとても悩みました。そこで原点に帰り、合わせる食材にどんなイメージがあるかを考えていきました。課題商品は「シーチキンコンビーフ」という旨み豊な食品をカナッペのように仕立てたものでした。のどごしを楽しめて、フードとあわせて止まらなくなるような相乗効果を狙い、隠し味にバーボンを使用しました。こうして「フルーティーさもコクもあり、さっぱりと味わえるハイボール」に行き着いたんです。使用するお酒の特色はもちろん、いくつもの視点からキーワードやイメージを引き出し、それらを調和させて新しいカクテルが誕生します。試作を繰り返し、悩み続けての誕生ですが、今回のように良いものができ、賞をいただけると本当に嬉しいですね。

目の前の夜景のように、日常を輝かせるバーという空間でのひと時。

バーという場所はちょっと特別な空間だと思いますが、私たちのバーは、札幌の夜景を一望できるというさらなる魅力を持っています。その魅力に加えて、カクテルやいろいろなお酒を味わうのはもちろん、お食事も、食後のデザートやコーヒーなどもお楽しみいただけるいろいろなニーズを満たす場所であり、ホテルの中では一番遅い時間までお客さまをお迎えできる場所です。ですからバーテンダーとして、お客さまとの会話を大切に、どんな時間を過ごしにいらっしゃったのかを察しながら、ここで過ごす時間や空間をより良いものにできるよう心がけています。季節ごとのカクテルやフードメニュー、またヘルシー志向のトレンドにもマッチするノンアルコールカクテルのメニューづくりにも力を入れています。ホテルのバーはバーを楽しむ入り口になりやすいと思いますし、もっと日常的に、出かけるお店の選択肢の一つとして、ここでの時間を楽しんでいただければと思います。

目の前の夜景のように、日常を輝かせるバーという空間でのひと時。

UNISM(ウニズム)

第7回H.B.A./KOKUBU共催カクテルコンペティション2019『UNICUM HIGHBALL CHALLENGE』優勝作品

UNISM(ウニズム)

「UNISM(ウニズム)」は、ハンガリー語ではウニクム、英語ではユニークと同じ「特殊」等の意味と「ism(イズム)」主義・主張等の意味を合わせた造語で、“ユニークで食卓を楽しく心と体を健康に”という思いを込めたネーミング。味わいはもちろん、ネーミングからグラスのスタイルまで創り上げたカクテルをぜひお楽しみください。

詳細はこちら

バックナンバー

《STAFF RECOMMEND vol.1》Orange Project

《STAFF RECOMMEND vol.2》 料理人としての想いと北海道産食材の魅力

《STAFF RECOMMEND vol.3》 プランナーたちが語る、札幌プリンスホテルのウエディング

《STAFF RECOMMEND vol.4》 クリスマスケーキのご紹介と私のお菓子づくり