MENU

軽井沢プリンスホテル ウエスト軽井沢プリンスホテル ウエスト

電話での宿泊予約

電話での宿泊予約

軽井沢プリンスホテル ウエスト

0267-42-11110267-42-1111

プリンスホテル予約センター

全国のプリンスホテルのご予約をお電話ひとつでご案内。
24時間安心サポート!

フリーダイヤル0120-00-86860120-00-8686

24時間対応・年中無休
日本語、英語、中国語、韓国語対応

プリンスホテル予約センター

※PHSや一部の携帯電話・IP電話・海外からのお電話などで「フリーダイヤル」「ナビダイヤル」への通話ができない場合はTEL:03-6741-915503-6741-9155をご利用ください。

※プリンスホテルではお客さまサービス向上のため、通話を記録させていただいております。

空室検索・予約

空室検索・予約

SEIBU PRINCE CLUB会員の皆さまには、
最もお得な宿泊料金を保証させていただきます。

軽井沢プリンスホテル ウエスト

チェックイン/チェックアウト
1室の
ご利用人数
部屋数

軽井沢プリンスホテル ウエスト 〒389-0193 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 TEL:0267-42-1111

アクセス

ホテル 軽井沢のアートに触れる 秋の美術館めぐり 【塩沢エリア】

軽井沢のアートに触れる 秋の美術館めぐり 【塩沢エリア】

ホテル

美術館めぐり塩沢エリア

芸術の秋。
軽井沢町に点在する美術館のおすすめコースをご紹介いたします。

車で約10分、自転車で約25分、塩沢エリアにある2つの美術館と
アート体験ができる工房を訪れる美術館めぐり。
①ムーゼの森
 (軽井沢 絵本の森美術館/ピクチャレスク・ガーデン、
 エルツおもちゃ博物館・軽井沢)
↓ 
②軽井沢タリアセン ペイネ美術館

③革の子工房・霧下織工房

この秋に軽井沢のアートに触れてみては...

秋の美術館めぐり

【塩沢エリア】

ムーゼの森

まずは、ムーゼの森にある軽井沢 絵本の森美術館。
今年で30周年を迎えるこちらの美術館では、10月5日(月)まで
30周年を記念した「グリム童話」に関する企画展を開催。
現代でも多くの人たちに知られる同作品には、
「主人公に試練が与えられる」や「決まった数字が出てくる」、
「最後には希望がある」などいくつかの規則性が見られます。
本展では、「ヘンゼルとグレーテル」のストーリーを通して、
規則性に沿った様々なグリム童話のお話をご紹介します。
ヘンゼルとグレーテルのふたりと一緒に冒険しているような感覚で
お楽しみください。
また、同じムーゼの森敷地内にあるエルツおもちゃ博物館・軽井沢でも、
「グリム童話」にちなんだドイツの木工おもちゃを多数展示中。
童心に帰り、寄ってみてはいかがでしょうか。

ムーゼの森はこちら

軽井沢タリアセン

次に訪れるのは、軽井沢タリアセン。
塩沢湖を中心に美術館や遊戯施設、レストランなどが集まった
1日遊べるリゾート施設です。
ペイネ美術館は、軽井沢タリアセン園内の塩沢湖の湖畔に佇む。
芸術に精通していない方でも1度は目にしたことがある、
いつも寄り添う山高帽の男の子と愛らしい女の子。
「ペイネの恋人たち」シリーズで世界中で親しまれている
フランスの画家レイモン・ペイネ。その原画やリトグラフ、
愛用の画材などを展示しています。
ペイネ美術館の建物自体が、軽井沢の貴重な文化遺産のひとつに
なっています。
秋の塩沢湖畔には写真スポットがいっぱい。カメラを片手に、
紅葉狩りもおすすめです。

軽井沢タリアセンはこちら

革の子工房

アートに触れたあとは、アートを体験。
塩沢湖より少し離れたところにある革細工や藍染体験ができる
革の子工房・霧下織工房を紹介。
こちらでは、レザーのキーリングやブレスレット、小物入れなど
自分にあった革細工体験が可能です。
世界にひとつだけの作品を作り、今日だけはアーティスト気分を
味わってみては。

ほかにも、同じ敷地内でハンカチやシャツなどの藍染めができ、
伝統の染めもの文化を体験してみてはいかがでしょうか。
これを機会にアートの世界にハマってしまうかもしれませんね。

体験いただくには、事前のご予約が必要ですのでお忘れなく。

革の子工房・霧下織工房はこちら