メッセージページ メインイメージ
家族の愛を継承するウエディング。長い年月のなかで、世代を超えて人生の大きな節目を共有させていただいたことはこの上ない喜びです。2つの家族が出会い、新しい家族が生まれる。家族の愛は継承され、次の世代へと受け継がれていきます。これからも、3世代、それ以上に渡る祝福を、しあわせを皆さまに贈ることができますように。
高輪 貴賓館について貴賓館の歴史
Inheriting your family's love.

About Takanawa Kihinkan | 高輪 貴賓館について

豊かな自然に讃えられて、最高の船出を。
庭園イメージ
1971年、現グランドプリンスホテル高輪本館の新築に伴って作庭された庭園は、
都心のオアシスのように、約20,000㎡に渡って広がっています。
春は桜、夏は緑、秋は紅葉、そして冬は雪景色。都内有数の自然をたたえるこの高輪の杜は、
60年以上もの間、季節の移り変わりとともに多くの新郎新婦の幸せを見守り、
家族が生まれるときを見続けてきました。
3つの大型ホテルと伝統の貴賓館を宿す
“高輪 貴賓館”の地。
高輪 貴賓館 エリアマップ
グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、ザ・プリンス さくらタワー東京、国際館パミール、貴賓館
敷地内にはグランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、
ザ・プリンス さくらタワー東京がそびえ、高輪の歴史を象徴する貴賓館は、今も変わらない姿を宿しています。
充実の施設群にはお客さまのウエディングスタイルにお応えする多彩な会場を揃え、
テーマに沿ってそれぞれの会場をコーディネイトいたします。

History of Kihinkan | 貴賓館の歴史

古き良き姿、美しき伝統、貴賓館。
1911年(明治44年)完成。 旧竹田宮邸。 煉瓦造2階建て。
近代日本の黎明期に宮廷建築家として活躍した、片山東熊により設計されました。
室内は17〜18世紀初頭の様式で装飾され、
細部にわたって優雅な意匠が散りばめられた格式のある建築となっています。
片山東熊
数多くの宮殿、御用邸、博物館などを手掛けた明治期を代表する建築家。代表作に「赤坂離宮(現迎賓館)」や「京都国立博物館」、「表慶館」などがあり、古典主義的様式を得意とする。イギリスの建築家ジョサイア・コンドルを師に持つ。
Message -Takanawa Kihinkan Wedding-

メッセージへ高輪 貴賓館についてへ貴賓館の歴史へ

ページトップへ