ブッフェの枠を超えた「食のエンタテインメント・リゾート」

詳しくは、こちらをご覧ください。

こんにちは!みなさんはじめまして。
ハプナキッチン担当、新婚ホヤホヤの北原です。

さて今回は毎日たくさんのお客さまで賑わっている、ハプナの舞台裏を
ご紹介したいと思います。ハプナキッチンスタッフはただいま総勢35名。
老若男女入り混じった個性派集団です。
ハプナキッチンの朝は4:00A.M.から始まります。朝食オープンに向け、毎日
1,300人前ほどの料理を作っています(例えば、味噌汁100L、ご飯24升。
一般的な家庭では半年分くらいでしょうか。)これだけの量の料理を作るうえで
注意しなければならないことは、味付けはもちろんのこと、食の安全性です。
お客さま一人一人の食に対する安心を預かっているという誇りと責任を
持ちながら、日々厨房に立っております。
6:30A.M.のオープン時間に合わせ料理が出来上がり「ほっ」と一息つく間もなく、バックキッチンでの厳しい顔とは一転、料理ボードでは明るい笑顔とさわやかな挨拶を心掛け、出来立てのオムレツや目玉焼き、フレンチトースト、パンケーキ等の朝食をご用意して、お客さまをお迎えしています。

さて、その頃バックキッチンでは朝食の差し替えメニューを作りつつ、ランチの
準備です。11:30A.M.のランチオープンまでの間、バックキッチンはちょっとした
戦場と化してます。
(ランチで大人気のローストビーフは7:00A.M.から110℃の低温オーブンでじっくりと焼き始めます。)
和・洋・アジアン・パン・デザート・・・約60品!とにかく種類が多いので作る順番を間違えてしまうと間に合いません。

そしてランチタイムが始まると同時に、約300名のお客さまを一斉にお迎え
します。
長い時間並んでお待ちいただいて、ハプナに来てくださったお客さま方に
スタッフ一同いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
朝から焼き始めたローストビーフも食べごろに仕上がっています。

1:00P.M.になるとバックキッチンでは早番と遅番のスタッフが入れ替わり、ランチの差し替え料理を作りながらディナー(約80品!!)の準備を進めていきます。

ディナーではお客さまのご意見・ご要望を参考に、より出来立て感、ライブ感を
味わっていただけるメニューに力を入れております。

この様に、朝から昼、昼から夜へとキッチンスタッフ全員が力を合わせ、
お客さまが素敵なひと時を過ごしていただけるように頑張っています。