庭園紹介(本館)



四季の移ろいが美しい庭園は3,000坪。
京都の庭師 小川治兵衛氏の手による壮大な日本庭園が広がっております。

春は枝垂れ桜・どうだんつつじ・さつき、夏ははなしょうぶやあやめ、秋はもみじや
どうだんつつじの紅葉、冬は寒桜・梅などなど、四季の移り変わりをご覧いただけます。
各季節の美しさは言葉では語り尽くせません。

庭園中央には池を配し、周辺の緑とともに「水の音」が心和ませてくれます。

庭園を一望するには高台に建つ東屋がおすすめです。三養荘を一望できる絶好のビュー
ポイントです。東屋からは、三養荘裏手の山々の四季の移り変わりもご覧いただけます。
春には点在する山桜を、秋には燃えるような紅葉を・・・野鳥のさえずり、耳を澄ますと
美しい声など存分にご堪能いただけます。

暮色に映える庭園はまさに「日本の芸術」ともいえる風景です。