庭園

天地が織り成す四季の浪漫を映す雅な空間に、開放のくつろぎがひときわ薫り立つ。

四季の移ろいが美しい庭園は3,000坪。春は枝垂れ桜・どうだんつつじ・さつき、夏ははなしょうぶ、
秋はもみじやどうだんつつじの紅葉、冬は寒桜・梅などなど。言葉では語り尽くせません。
庭園中央には、池を配し周辺の緑とともに「水の音」がこころを和ませてくれます。
庭園を一望するには、高台に建つ「東屋」がおすすめ。三養荘全景を一望できる絶好のビューポイントです。
本館は、日本建築伝統を今に伝える重厚な風格を、新館は建築家村野藤吾氏の設計による数寄屋造りを、それぞれ存分に堪能していただけます。

本館のご紹介はこちら


三養荘の指揮を彩る花々をご紹介いたします
春の花
春の花を見る
夏の花
夏の花を見る
秋の花
秋の花を見る
冬の花
冬の花を見る