プリンス ホスピタリティ アライアンスについて

プリンス ホスピタリティ アライアンスについて

公共施設運営事業(PPP事業)

プリンスホテルでは、2011年より、地域の活性化に伴う事業展開の一つとして
PPP事業チームを立ち上げ、指定管理者制度をはじめとしたPPP事業に参画しております。

PPP事業(パブリック・プライベート・パートナーシップ)

行政と民間がパートナーを組んで事業を行うという、新しい「官民連携」の形態です。
市場化テスト、指定管理者制度、PFIなどにおいて、効率的な公共施設の運営を図ります。

■スキーム

公共施設の管理・運営をトータルマネジメント

・プリンスホテルで培った運営ノウハウを提供し、公共施設の運営の効率化、サービスの質と価値の向上を提供いたします。

・政府の「観光立国宣言」による政策と歩調を合わせ、コンベンション施設などの集客施設を中心に効率的な管理運営を実現させます。

■民間活力活用によるPPP事業スキーム

民間活力活用によるPPP事業スキームイメージ。
   ◇当社が考える対象施設 ●コンベンション施設(会議場・ホールなど)●宿泊施設 ●レジャー施設 など
   ◇当社の提案手法 飲食などの交流起点機能や生活利便機能など、事業成立性の検証
   ◇事業プロポーザル(目的達成のためのご提案)●利用者サービスの向上 ●利用率向上のための方策 ●効率的な人員配置 ●経費縮減策etc・・・
   ↓
   【効果】当社による管理運営で、集客・収益増加を図り、最大限の効果を発揮します。VFM(対経費価値)の向上、住民福祉の増進、行政コスト削減、地域活性化

■メリット

快適な公共施設運営の実現に向けて

・お客さまが真に望まれることを理解し、品質・コスト・スケジュールのベストミックスを図り、ワンストップサービスを実現いたします。

自治体さまのメリット

バリュー・フォー・マネー(VFM)の向上

VFM(対経費価値)を意識した、ホスピタリティ溢れる
創意工夫のサービス事業の展開や経費縮減を
図ることで、VFMの向上を図ります。

行政コストの縮減

当社の長年蓄積された施設運営ノウハウを
活用することで、VFMの発生や集中購買などにより、
行政コストの縮減および事業価値の向上を図ります。

住民福祉の増進

安心して過ごせる安全な施設の運営を行います。
また、「地域に住まう喜び」の実現に向け、地域住民の
ニーズや地域の特性を活かした事業に取り組みます。

地域の活性化

施設のミッション達成のためのイベントや、
集客アップに向けたプロモーションを実施し、
賑わいの創出を図ります。

■実績

2012年4月
国営昭和記念公園
国営武蔵丘陵森林公園

※2012年4月1日より西武造園(株)・(株)プリンスホテル共同体にて運営開始

詳しいご案内やご質問は、株式会社プリンスホテル フロンティアビジネス事業部
TEL:03-5928-1147 FAX:03-5928-1511 〒170-8428 東京都豊島区東池袋3-1-5

Webお問合せ

ページのトップへ戻る

Copyright (c) 2014 PRINCE HOTELS, INC. All rights reserved.