2016

2016 12.2 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Rieco《POPS》

2012年「Shining」でメジャーデビュー。表題曲「Shining」が資生堂「ホワイトルーセント美白ケア向上委員会」イメージソングに抜擢される。2014年7月に1st miniアルバム「So right」をリリース。音楽を通して、生きている“希望”や“奇跡”を一緒に感じたいという想いを胸に活動中。

2016 12.3 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
カマタミズキ / Mizuki Kamata《POPS》

欲望丸出しのいかがわしい歌い手。初めて加入したバンド「annarhythm」では4年間活動。Tokyo Band Summit 2007での動員賞受賞や、ノクティーミュージックコンテストで優勝したことにより、名古屋ブルーノート、ビルボードライブ大阪にイベントゲストとして出演。FMラジオではレギュラー番組をつとめた。annarhythm脱退後、自身でバンド「the Marddies」を立ち上げ、2014年9月フルアルバムを発売し、中洲JAZZなどに出演する。(現在は活動休止中)現在はギター弾き語りのライブを中心にソロで活動中。一度聞いたら忘れられない歌声で、老若男女、国籍も問わず、トゲトゲしながら観る人の生命力を沸き立たせる。

2016 12.9 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
ルンヒャン / Rung-Hyang《POPS》

福岡県・筑豊生まれの在日コリアン3世。Superfly、青山テルマ、YU-A、竹本健一、タカツキ、Hiro-a-keyなど様々なアーティストとのコラボレーションやライブ/レコーディングサポートを手がける。老若男女問わずどんな層にも愛される音楽を作り上げるシンガーソングライター。。2011 年1月には、清水翔太、クリスタル・ケイ、BENIなど実力派シンガーを手がけるShingo.Sをサウンドプロデューサーに迎え、歌そのものにフォーカスを当てたミニアルバム「明日を願うなら」を自主リリース。

【出演者変更のお知らせ】

事前に予定しておりましたルンヒャンは諸事情により出演できなくなりました。楽しみにされていた方には大変申し訳ございませんが、ご了承の程宜しくお願いいたします。当日の出演者は黒川沙良となります

2016 12.9 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
黒川沙良 / Sala Kurokawa《POPS》

祖母がピアノ教室を運営していた影響で幼少時代からピアノに親しむ。昨年2015年7月に自身の作品ストックをレコーディングしたミニ アルバム「On My Piano」をamazonでの通信販売、音楽配信で限定リリース。現在は関東エリアを中心としたライブ活動や、2016年10月26日に発売が予定されているタイニーボイスプロダクションの面々のフルサポートを受けて制作中の1stフルアルバム「Piano Songs ~Prelude~」10/23 Sat. のレコーディングなど精力的に活動を続けている。

2016 12.10 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Ray Yamada《POPS》

東京生まれのシンガーソングライター。2013年、アルバム「COSMOPOLITAN」でデビュー。デビュー作にしてJ-WAVE番組エンディングやテレビ朝日系列「世界の車窓から」をはじめ、全国ラジオ・テレビ番組に多数起用されるなど、注目を集める。2015年にはツアーを通して生まれた曲を収録したアルバム「JAPONISM」をリリース。2016年には失恋をテーマにした3rdアルバム「MONOLOGUE」をリリース。ジャンル、時空を超えて様々な世界へと誘ってくれる曲の世界観と、それを表現するライブパフォーマンスが魅力のアーティスト。

2016 12.16 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Rieco《POPS》

2012年「Shining」でメジャーデビュー。表題曲「Shining」が資生堂「ホワイトルーセント美白ケア向上委員会」イメージソングに抜擢される。2014年7月に1st miniアルバム「So right」をリリース。音楽を通して、生きている“希望”や“奇跡”を一緒に感じたいという想いを胸に活動中。

2016 12.17 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
宏実 / Hiromi《SOUL / R&B》

2009年に初のフルアルバム「RAINBOW」をリリース、アルバムに収録された「WHY feat. Full Of Harmony」[レコチョク担当者が選ぶ2009年J-POP BEST 5]で見事1位を記録、「愛されたい」はフジテレビ系「なべあちっ!」のエンディングテーマ、「VANILLA」はアメリカの人気ダンス映画「STEP UP2」の日本語版トレーラーイメージソングに選ばれた。デビュー5周年を迎えた2013年、これまでの自身の楽曲をリメイクした曲や新曲などを収録した特別アルバム「Incomplete- Traces of 5 years -」リリース。

2016 12.23 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
傳田真央 / Mao Denda《SOUL / R&B》

父はクラリネット奏者の傳田高広。音楽一家に育ち、自身も影響を受ける。1999年にインディーズデビュー。2000年にシングル「耳もとにいるよ・・・ 〜Ring the bells〜」でマーキュリー・ミュージックエンタテインメント(後のキティMME、ユニバーサルミュージック子会社)よりメジャーデビュー。2008年、傳田真央に名義を戻して活動することを発表。2009年1月14日発売のSPHEREのシングル「君といたい feat. 傳田真央」で活動再開。

2016 12.24 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
光永泰一朗 / Taichiro Mitsunaga《POPS》

2002年、DreamusicよりCOVERのVo.としてメジャーデビュー。以後BLUE AGE ORCHESTRAを経て、2005年よりソロ活動を開始。同時に、自身が主催するライブイベント”Off the Record” Production(通称オフレコ)を立ち上げ、 2014年5月現在、開催18回を数え全ての回でSOLD OUTの人気イベントとなった。2007年8月、プロデューサーに盟友・蔦谷好位置を迎え、 ソロデビューアルバム「僕はここにいるよ」をリリース。以後、大黒摩季、So’ Fly、Nerdhead、Unlimited tone、澤田かおり、DESTINOなど、 様々な作品にFeaturing Artistとして参加。楽曲共作や歌詞提供もしている。2012年にはセカンドアルバム「その先へ」を発表。

2016 11.4 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Rieco《POPS》

2012年「Shining」でメジャーデビュー。表題曲「Shining」が資生堂「ホワイトルーセント美白ケア向上委員会」イメージソングに抜擢される。2014年7月に1st miniアルバム「So right」をリリース。音楽を通して、生きている“希望”や“奇跡”を一緒に感じたいという想いを胸に活動中。

2016 11.5 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
高橋あずみ / Azumi Takahashi《POPS》

長野県乗鞍高原出身。2008年Dreama come true「Winter Fantasia 2008 DCT garden “The Live!!!”」にバックボーカルとして参加。2013年5月に自身のファーストアルバム「25 to 26」が全国発売。itunesではシングル配信されたBELIEVEがR&B、ソウル部門で6位を獲得。東京を中心に活動中。

2016 11.11 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
湯澤かよこ / Kayoko Yuzawa《POPS》

長野県出身 Organic Soul Singer。各地でのライブ活動、CDリリース、ラジオパーソナリティーなど精力的に行っている。また北陸新幹線・北しなの線開業メッセージソング「Dreming Girl」JA長野県イメージソング「いつもあなたと」など、数々のCMソングも手がける。信州で育まれた温かく心に響くSoulを届けている。

2016 11.12 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
ルンヒャン / Rung-Hyang《POPS》

福岡県・筑豊生まれの在日コリアン3世。Superfly、青山テルマ、YU-A、竹本健一、タカツキ、Hiro-a-keyなど様々なアーティストとのコラボレーションやライブ/レコーディングサポートを手がける。老若男女問わずどんな層にも愛される音楽を作り上げるシンガーソングライター。2011 年1月には、清水翔太、クリスタル・ケイ、BENIなど実力派シンガーを手がけるShingo.Sをサウンドプロデューサーに迎え、歌そのものにフォーカスを当てたミニアルバム「明日を願うなら」を自主リリース。

2016 11.18 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
東郷祐佳 / Yuka Togo《POPS》

1999年九州・沖縄合同オーディションに合格し、ヴィジョンファクトリーに所属。 歌手グループEARTHのメンバーとして2000年に歌手デビュー。代表曲『time after time』でメインボーカルを担当し「第42回日本レコード大賞新人賞」・「第33回 日本有線大賞 有線音楽賞」を受賞。現在は、安室奈美恵、河村隆一、w-inds.などに楽曲提供していることでも有名な葉山拓亮氏のプロデュースで再始動し、舞台、ライブなどで精力的に活動している。

2016 11.19 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
大野瞬 / Shun Ohno《POPS》

関東を中心に全国的に活動しているピアノシンガー。 2012年3月より本格的にソロ活動を開始し、勢力的なCDリリース、年間100本以上のステージと、そのすべてをセルフプロディースで行う。 自身の活動と並行し、様々なアーティスト、アイドル、CMへの楽曲提供やアレンジャーとしても活躍の場を広げ、これからの活躍がさらに期待されるシンガーソングライターとして注目を集めている。

2016 11.25 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
和紗 / Kazusa《POPS》

-ぬくもりをくれる、京都の癒し声- "ずっと聴いていたい声"と称される京都のシンガー。 2008年 島村楽器主催のオーディション、HOTLINE2008でグランプリ。 2009年 7月メジャーデビュー。デビューシングル「アイタクテ」が着うたフルTOP10入り。 2010年 9月発売の3rdシングル「Stand Up For Love」が、ドラマ「逃亡弁護士」主題歌に抜擢。 2011年 国民文化祭・京都のメッセージソングシンガーに選ばれ、開会式セレモニーにて皇太子の前で楽曲を披露。 心を癒すようなその声が、京都を中心に熱い注目を浴びている。

2016 11.26 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
JYONGRI《Singer songwriter》

4歳でOsaka International School入学。入学と同時にクラシックピアノを習い始め、8歳の時、映画『Sister Act 2(天使にラブソングを 2)』を観て衝撃を受け、ゴスペルを習い始める。2006年12月、シングル『Possession/My All For You』でメジャーデビュー。 デビュー10周年を迎えた今年は、ライブを中心に活動を広めている。天性の声質を持ち、自ら作詞・作曲を手がける実力派アーティスト。

2016 10.1 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
ルンヒャン / Rung Hyang 《シンガー "ソウル" ライター》

福岡県・筑豊生まれの在日コリアン3世。2011年mini album『明日を願うなら』をリリースし、東京、大阪、名古屋ワンマンツアーを敢行。その後収録曲でもある卒園ソングをテーマにした「さくらびより」がYou Tubeで話題を呼び2012年にメジャーデビュー、情報番組や音楽番組に多数出演。音楽シーンで話題のDRAMATIC SOUL、TOKYO CRITTERSのメンバーとしても活躍中。様々なアーティストのプロデュースやライブサポートも手がける。

2016 10.7 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
滴草 由実 / Yumi Shizukusa《POPS》

1984年7月9日 鹿児島県に生まれる。2003年、コンピレーションアルバム収録の「Don't Say Don't Love」が、女性ソロアーティスト初の快挙となるUSEN インディーズチャートで初登場1位を記録。同年7月にシングル「Don't you wanna see me tonight?」でメジャー・デビュー。その後、世界屈指のプロデューサーであるナラダ・マイケル・ウォルデンとライブ共演するなど、彼女のポテンシャルは世界からも注目されている。

2016 10.8 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
MIOSIC《POPS》

MIO(音成美緒) ジャズ・ポップスシンガー、 福岡県出身。SHO(松添昭市朗)ギター、ボーカル長崎県出身。2013年MIOSICというユニッ トを結成、二人でオリジナル曲を制作し同年10 月16日、ニューアルバム「HERO」をリリー ス。 リリース記念ツアーで、 九州を皮切りに全国ツアーで活躍中。また上海 ジャズフェスにも招待され出演。渋谷や福岡のタワーレコードでのインストアライブを成功させなど、その活動が拡大している。

2016 10.14 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
JYONGRI《Singer songwriter》

4歳でOsaka International School入学。入学と同時にクラシックピアノを習い始め、8歳の時、映画『Sister Act 2(天使にラブソングを 2)』を観て衝撃を受け、ゴスペルを習い始める。2006年12月、シングル『Possession/My All For You』でメジャーデビュー。 デビュー10周年を迎えた今年は、ライブを中心に活動を広めている。天性の声質を持ち、自ら作詞・作曲を手がける実力派アーティスト。

2016 10.15 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
TABARU《POPS》

宮崎県日向出身。2013年 8月 1stミニアルバム「TABARU」でデビュー。2016年 1月 衛星デジタルラジオMusic Birdにて「TABARU Sweet & S oul」毎週水曜日の一時間番組をスタート。(全国のコミュニティFM87局にて放送) 2016年 2 月 渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて、3rd Anniversary ワンマンLIVEを開催。Liveでは多くのオーディエンスを魅了した。天性ともいえる透明感のある声色と、圧倒的な歌唱力でTABARUの世界観を創り出している。

2016 10.21 Fri 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
黒川沙良《POPS》

祖母がピアノ教室を運営していた影響で幼少時代からピアノに親しむ。昨年2015年7月に自身の作品ストックをレコーディングしたミニ アルバム「On My Piano」をamazonでの通信販売、音楽配信で限定リリース。現在は関東エリアを中心としたライブ活動や、2016年10月26日に発売が予定されているタイニーボイスプロダクションの面々のフルサポートを受けて制作中の1stフルアルバム「Piano Songs ~Prelude~」10/23 Sat. のレコーディングなど精力的に活動を続けている。

2016 10.22 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Ray Yamada《POPS》

東京生まれのシンガーソングライター。2013年、アルバム「COSMOPOLITAN」でデビュー。デビュー作にしてJ-WAVE番組エンディングやテレビ朝日系列「世界の車窓から」をはじめ、全国ラジオ・テレビ番組に多数起用されるなど、注目を集める。2015年にはツアーを通して生まれた曲を収録したアルバム「JAPONISM」をリリース。2016年には失恋をテーマにした3r dアルバム「MONOLOGUE」をリリース。ジャンル、時空を超えて様々な世界へと誘ってくれる曲の世界観と、それを表現するライブパフォーマンスが魅力のアーティスト。

2016 10.28 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Chica+《POPS/R&B》

3歳からピアノを始める。2011年より2年間ニューヨークへ留学し、ハーレムにあるアポロシアターのアマチュアナイトのオーディションに合格。2度の出場を果たす。帰国後2014年は長崎ハウステンボスのショーに出演。その後、2015年Nao YoshiokaやJUJUのバックコーラスなどで、テレビ出演。日野皓正やKeiko Leeのオープニングアクトなども務める。2016年夏は、ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーにミネア役として全国アリーナツアーに出演。

2016 10.29 Sat. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
宏実 / Hiromi《R&B/SOUL》

2009年に初のフルアルバム「RAINBOW」をリリース、アルバムに収録された「WHY feat. Full Of Harmony」[レコチョク担当者が選ぶ2009年J-POP BEST 5]で見事1位を記録、「愛されたい」はフジテレビ系「なべあちっ!」のエンディングテーマ、「VANILLA」はアメリカの人気ダンス映画「STEP UP2」の日本語版トレーラーイメージソングに選ばれた。デビュー5周年を迎えた2013年、これまでの自身の楽曲をリメイクした曲や新曲などを収録した特別アルバム「Incomplete-Traces of 5 years -」リリース。

OPENING SPECIAL GUEST

2016 9.28 Wed.
7:30P.M.
傳田 真央 / Mao Denda
《R&B/SOUL》

父はクラリネット奏者の傳田高広。音楽一家に育ち、自身も影響を受ける。幼い頃から音楽教養を身につけたため、絶対音感を持つ。 1999年にインディーズデビュー。2000年にシングル「耳もとにいるよ・・・ 〜Ring the bells〜」でマーキュリー・ミュージックエンタテインメント(後のキティMME、ユニバーサルミュージック子会社)よりメジャーデビュー。同年、イン ディーズの楽曲を再収録した2枚目のシングル「あなたとふたりで 〜Be with me all day long〜」や初のアルバム『Eternal Voice』がスマッシュヒットとなった。 その後亀田誠治を音楽プロデューサーに迎え、楽曲制作に2年半の期間を費やして、2006年にMAO/dとしてシングル「VERY LOVE -0.5℃」で再デビュー。 2008年、傳田真央に名義を戻して活動することを発表。2009年1月14日発売のSPHEREのシングル「君といたい feat. 傳田真央」で活動再開。

2016 9.30 Fri. 1st stage 7:30P.M. 2nd stage 9:00P.M.
Dorlis《POPS》

1982年2月23日生まれ。25歳。岡山市出身。B型。 幼少の頃からクラシックギターを学び、17歳でストリートで歌い始める。命を削る歌声、いわゆる弾き語り系のものとは一線を画す、スウィンギーで洗練されたギターワーク、キャッチーなメロディーメイキング、毒と花の同居する詞の世界観、全てが圧倒的なクオリティー。dorlisから紡ぎ出されるスウィンギーポップは、まさに、新世代のストリートミュージック。

ページのトップへ戻る