トップ万座温泉とは露天風呂おすすめプラン日帰り入浴入浴のススメ温泉Q&A万座の歴史

入浴のススメ

※クリックするとアンサーをご覧いただけます。

Q1.万座温泉ってどんな所ですか?
A1.標高1,800mに位置し、通年でご利用いただける日本最高所の温泉で、「星に一番近い温泉」として知られている所です。
Q2.万座温泉は何に効きますか?
A2.神経痛・筋肉痛・冷え性・関節痛・疲労回復・運動器障害などに効果がございます。
Q3.温泉は循環ですか?かけ流しですか?
A3.22ある全ての湯船がかけ流しです。1日540万リットルの温泉が自噴し豊富な湯量と泉質が自慢です。
Q4.温泉(源泉)の温度は何度ですか?
A4.万座プリンスホテル、万座高原ホテルが主に引湯している姥湯源泉は約80℃あります。
   源泉は気候により温度が変化します。
   引湯管での自然温度低下や熱交換にて温度を調整していますが最終調整として水を加えております。
Q5.日帰りで利用する場合、タオルの貸し出しなどありますか?
A5.※日帰り入浴のお客さまへ
   ご入浴代にフェイスタオルが含まれております。
   バスタオル 1枚 ¥300
Q6.石鹸・シャンプー・リンスなど置いてありますか?
A6.大浴場に設置してございます。
Q7.化粧水などスキンケア用品はありますか?
A7.女性浴場に揃えております。(万座高原ホテルにはご用意がございません。)
Q8.温泉は飲んでも大丈夫ですか?
A8.酸性が強いため飲めません。
Q9.プライベートでの貸切で利用できますか?
A9.万座プリンスホテル・万座高原ホテルでは現在貸切風呂の施設はございません。
Q10.混浴とありますが、水着着用でもお風呂に入れますか?
A10.水着はご遠慮いただいております。フロントにて専用のレンタルバスタオルをご用意しております。
   宿泊者\100、日帰りのお客さま\300
   売店にて専用の浴着の販売もございます。
Q11.どのような成分・泉質ですか?
A11.酸性・含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉です。
Q12.硫酸塩温泉とありますが、具体的にどのようなことですか?
A12.硫酸塩温泉は種類がたくさんあります。無色透明・無臭ですが、
   万座温泉は硫黄成分を含んで空気に触れると白濁し硫黄臭がします。
Q13.かかっていると入ってはいけない病気などはありますか?
A13.急性疾患(特に熱のある場合)、活動性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血
   その他一般的に病勢進行中の疾患。
Q14.アレルギー体質ですが、大丈夫ですか?
A14.万が一の場合がございますので、泉質を確認し、かかりつけの医師と良く相談した上でご利用ください。
Q15.温泉は24時間入浴可能ですか?
A15.はい、可能です。ただし清掃の時間帯によりご入浴できない湯船がございます。
Q16.温泉のみ利用したいのですが、温泉チケットや温泉手形みたいなものはありますか?
A16.万座温泉観光協会発行の「湯めぐり手形」がございます。 詳しくはこちら≫
Q17.日帰り入浴は可能ですか?
A17.はい、可能です。
   万座プリンスホテル / 11:00A.M.~4:00P.M.(最終受付 3:00P.M.)
   万座高原ホテル / 11:00A.M.~6:00P.M.(最終受付 5:00P.M.)
   ※季節・混雑時・貸切などにより異なります。
Q18.「石庭露天風呂」は、湯船によって色が違うのはなぜですか?
A18.石庭露天風呂は、4つの異なる源泉(姥湯・大苦湯・竜泉の湯・嬬取の湯)からなる混合泉です。
   *浴槽により成分が異なるため異なっております。
Q19.普通の湯船の他に特色がある湯船はありますか?
A19.万座高原ホテル石庭露天風呂には打たせ湯がございます。
   万座温泉は高地療養が期待できる温泉でたいへん入浴効果が強いので、サウナ、泡風呂、電気風呂、岩盤浴などはありません。
   普通に入浴していただくだけで、十分な温浴効果が得られます。
Q20.浴槽には手すりはありますか?
A20.各浴槽の出入り口に設置しております。
Q21.卓球台はありますか?浴衣でプレーしても大丈夫ですか?
A21.春~秋シーズンはご用意がございます。もちろん浴衣でも大丈夫です。
Q22.足つぼマッサージはありますか?
A22.万座プリンスホテル : フットケアサロンがございます。
   万座高原ホテル : 整体&足つぼマッサージがございます。
   *営業時間は季節により異なりますのでお問い合わせください。
Q23.足湯はありますか?
A23.万座温泉地内には、足湯がございません。
Q24.万座プリンスホテル・万座高原ホテルのお風呂は両方は入れますか?
A24.ご宿泊のお客さまは無料で双方のお風呂が楽しめます。
   日帰りのお客さまは有料になります。
Q25.湯船に白く浮いているのはなんですか?
A25.湯花です。もともとの源泉は透明ですが温泉に含まれる成分が結晶化したもので、空気に触れると白く濁ります。

トップへ戻る