絆をつなぐ軽井沢和婚 軽井沢プリンスホテルで叶う リゾート和婚式の新しいカタチ

  • TOP
  • 「もみの木神殿」に祀られている神様とは?
  • ご来館予約はこちらから

「もみも木神殿」式次第

  1. 参進の儀

    神殿内で雅楽の演奏が行われる中、
    官司・巫女・新郎新婦・親御さま(新婦母は新婦の手を引いていただきます)の
    順で軽井沢の四季の中を参進。
    参列者は神殿前で一行をお待ちいただき、
    その際に参進を行う新郎新婦の姿を撮影できます。

  2. 一同入場
    1. (1)新郎・新婦、ご媒酌人夫妻の順番で入場
    2. (2)参列者入場
  3. 一同着席
  4. 修祓の義(しゅばつのぎ)
  5. 斎主一拝(さいしゅいっぱい)
  6. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
  7. 三献の盃の儀(三三九度)(さんけんのぎ)

    新郎新婦が実家から持ってきた地酒を 合わせて
    三三九度に使用する
    小の盃→新郎、新婦の順に
    中の盃→新婦、新郎の順に
    大の盃→新郎、新婦の順に交互に三度ずつお神酒を飲む

  8. 親族盃の儀

    ご媒酌人夫妻が乾杯の音頭をとって、全員でお神酒を飲む
    (ご媒酌人夫妻がいらっしゃらない場合は斎主の音頭で)

  9. 誓詞奏上(新郎新婦による誓いの言葉)

    ふたりで持ち、ふたりで読みあげ、ふたりで署名する

  10. 指輪交換
  11. 新郎新婦 玉串奉奠(たまぐしほうれい)
  12. 玉串の根を神殿に向けてあげ、二拝二拍手一拝

  13. ご媒酌人夫妻 玉串奉奠

    11に同じ

  14. 親族 玉串奉奠

    両家の代表者が玉串をあげる 
    その他の方はその場で立って一緒に二拝二拍手一拝

  15. 宮司挨拶
  16. 一同退場

「もみの木神殿」式次第に込められた想い

水合わせの儀式

水合わせの儀式とは、お互いの水(環境)で育った新郎新婦が、それぞれの家風の違いを乗り越えてひとつになり、ふたりで新しい環境・家庭を築いていけるようにとの願いが込められています。両家の母親が朝一番に汲み取ってきた水を使うことが基本となっていますが、もみの木神殿では三三九度で使用するお神酒にご両家の地元の地酒を持ち寄っていただき、それを使用することでご両家の絆をより強くという願いが込められています。

しなの木守り

お式の後には、宮司よりしなの木守りが新郎新婦、ご新郎家、ご新婦家へそれぞれ渡されます。このしなの木守りは、もみの木神殿の神が祭られている熊野皇大神社にある樹齢850年以上の「科の木」が中に入っています。「科の木」は結ぶという意味の「科」から縁結びの木といわれています。このお守りをご両家とおふたりにお持ちいただくことでご両家の結びつきを更なる縁へという願いが込められています。