絆をつなぐ軽井沢和婚 軽井沢プリンスホテルで叶う リゾート和婚式の新しいカタチ

  • TOP
  • 「もみも木神殿」式次第
  • ご来館予約はこちらから

「もみの木神殿」に祀られている神様とは?

もみの木神殿は長野県と群馬県の県境にある「熊野皇大神社」の別宮として祀られています。
熊野皇大神社の成り立ちは、神社に伝えられている由緒記また、古事記 日本書紀によると、
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が碓氷嶺に登った際、急に濃霧で進めなくなりました。
そのとき一羽の八咫烏(ヤタガラス)が現れ、紀州熊野の梛木(ナギ)の葉をくわえ、落としながら先導し、
それについて行き山頂まで登ることが出来きた、とのことです。
日本武尊は碓氷峠の山頂から遠くの海を眺め、
相模灘で荒波を静める為に海中に身を投じた最愛の妻、
弟橘姫(オトタチバナヒメ)を偲び「吾嬬者耶(アヅマハヤ)」「ああ、いとしき我が妻よ」と
三嘆したと伝えられています。
日本武尊はこの八咫烏の導きを熊野神霊の御加護によると考え、
ここに熊野大社を築いたのが始まりとされています。

さらに鏡内には 樹齢850年以上の「科の木」という御神木があります。
『科』の語源には「結ぶ・くくる」などと云われ、
開運・縁結ぴの御神木として信仰されています。
また、もみの木神殿の「もみの木」は天に向かって
まっすぐに伸びる木として縁起の良い木とされています。

このふたつの縁起の良い木を持ち合わせ、
「もみの木神殿」が誕生しました。
科の木のようにかたい絆で結ばれたおふたりが、
もみの木のように、これからもまっすぐ永遠の幸せに向かって、
末永く過ごせますように。という想いが込められています。