東海道歴史探訪の旅「絵巻旅。」

箱根神社

伊豆山神社

三嶋大社

箱根神社

伊豆山神社

三嶋大社

伊豆山神社に続く階段の段数を示すプレート 伊豆山神社に続く825段の階段 温泉の源泉 伊豆山神社の資料館

海辺の「走湯神社」から続く階段は825段

階段の所々に段数を示すプレートがある

走湯神社のすぐ脇にある源泉。
日本三大古泉のひとつ。

一見地味な伊豆山郷土資料館には、強力な縁結びの像が…。

手舎水には2匹の紅白の龍が。

伊豆山神社の境内にある手舎水
ヒメとジイの道中記(三所詣)

■ 伊豆山神社の巻 その1

姫 2泊目の「ザ・プリンス 箱根」もなかなかいい宿だったわ。
じい、いい宿をいろいろ知っているのね。

爺 は。これが仕事ですので。さあ、ついに3箇所目「伊豆山神社」に到着ですぞ。

姫 何?この階段…。箱根神社よりすごいじゃない…。
籠を呼びなさい。

爺 姫…。自分の足で登ってこそご利益があるというものですぞ。そういう心がけだからいつまでたってもご縁がない…

姫 なんですって!?
登るわよ。登ればいいんでしょ 登れば。

爺 海から階段を上ると全部で825段あるそうでございます。バス停(市道)からは177段で済みます。姫、いっそのこと一度一番下の走り湯神社まで降りて、そこから825段にチャレンジしてみては?いっそうのご利益があるでしょう。

姫 嫌だ。

爺 この神社はもともと走湯権現(そうとうごんげん)と呼ばれていた神社でございます。これらの伊豆周辺の地名「走湯・熱川・熱海」を考えると、相当豊富な湯量で、温泉が川のように流れていたことがうかがい知れますなぁ。

姫 ここね。北条政子と源頼朝が政子の父、時政の猛反対の中密会デートを繰り返していた場所は。

爺 はい。縁結びの神様として古くから信仰を集めている神社です。

姫 あ。手水舎に、紅白の2匹の龍がいるわ。なになに?「伊豆山の地下には紅白の2匹の龍がいて、頭は伊豆山、尾っぽは箱根の芦ノ湖にあり、温泉の湧くところは龍の目や耳は鼻であると。んで赤は母親、白は父親で園無視日や家内安泰の象徴である。」と書いてあるわ。

爺 おや? 三嶋大社の「神馬」に続いてまた箱根と繋がりましたぞ。

姫 ここにも「宝物館」があるわ。

爺 こちらは「伊豆山郷土資料館」ですな。

姫 いままでの神社と比べると地味ね。

管理人 姫様。確かに当館は地味ではありますがね、展示されている男女の像に、涙を流しながら「おかげで娘が嫁にいけました。」と御礼に来るお母さんをいままで何人も見たことがありますよ。歴史に興味がおありで、縁結びを願っているのならばぜひご覧ください。

姫 え?すごいわ!爺!行くわよ。

今回の姫の旅のコース上にあるプリンスホテルはこちら

  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • 会社情報
  • プレスリリース
  • 採用情報
  • 西武グループ会社一覧
Copyright (c) PRINCE HOTELS,INC. All rights reserved.