東海道歴史探訪の旅「絵巻旅。」

浦島太郎・金太郎など民話伝説をめぐる旅 ヒメとジイの道中記
金太郎編
浦島太郎・金太郎など民話伝説をめぐる旅 ヒメとジイの道中記
金太郎編
夜景が綺麗だったわねぇ 新横浜プリンスホテル

太郎
うん

さて、浦島太郎の次は金太郎を求めて参りますぞ。トレッキングシューズにお履き替えください。

え?トレッキングシューズ?

はい。箱根に行って「金時山」に登りましょう。

ええ!登山?

はい。流行の山ガールですな。はは。

金時山山頂からの富士山
金太郎
金時山からの眺め
金時山の金時手鞠石
金時山
神奈川県と静岡県にまたがる山で、箱根の中では3番目に高い標高1213m。登山道は、静岡県の小山町、南足柄市の夕日の滝、足柄駅、箱根からは乙女峠、金時登山口、公時神社など、いくつもある。今回姫が挑戦したのは金時神社からで、駐車場(有料)もある登山口。最寄のバス停は金時神社入り口だが、小田原方面からのバスの場合は「仙石」で下車し歩いたほうが早い。金時神社から山頂までは 約70分と看板にある。
その名の通り金時山は「金太郎」が遊び場にしていたと言う伝説の山で、
その昔は猪鼻嶽(いのはなたけ)と呼ばれていました。この山の麓は神奈川県の箱根町、南足柄市、
静岡県の御殿場市、小山町にまたがっていて、それらの町には金太郎伝説を今に伝える史跡が残っています。
今回は箱根町の「公時神社」からの登山道で参りましょう。

公時神社って、金太郎の神社?

はい、金太郎は足柄峠で源頼光と出会い、家来となって名を「坂田公時」と改めます。この公時神社は、
その「坂田公時」が御祭神です。

へえ、っていうことは「金太郎」は実在の人物なの?

そういうことになりますかな。熊と相撲を取ったり鉞を担いで熊にまたがったりと言うお話の舞台は
この金時山でしょう。

公時神社  公時神社  金太郎の鉞
普段訪れる人はほとんどが金時山の登山者であろう、ひっそりとした神社。境内には大きな石の鉞が祀られている。5月5日には「公時祭り」が行われる。この神社を過ぎると、本格的な「登山道」に突入する。
そうなんだ、この山には金太郎の伝説が
たくさん残っていそうね。行くわよたろちん。

太郎
うん!

太郎君、左の岩をご覧なさい。

「金時手鞠石」ですって!

金太郎がこの石をまりにして遊んだと言うことです。

太郎
でかっ!!

さすがに金太郎以外はこの石をボールにして
遊ぶことはなかったようですな。ははは。
この奥にはさらに「金時蹴落石」がありますぞ。

今度は「金時神社奥の院」ですって。

金太郎手鞠石
公時神社奥の院  公時神社奥の院  公時神社奥の院

登山道を脇道にそれて1分ほどの場所にある「金時神社奥の院」大きな岩の手前には朽ち果てた賽銭箱、岩の上には石塔と朽ち果てた大きな鉞が・・・。
さあ、山頂を目指しましょう。

あれっ!大きな石が真っ二つに割れてるわ。
金太郎がかかと落としで割った岩?

あはは、これは「金太郎宿り石」。
金太郎とその母親が雨宿りをしたと
伝えられている岩です。

山頂に近づくにつれて景色が開けてきたわ。

すばらしい景色ですな。大涌谷や芦ノ湖が望めます。
日が当たる場所は高山植物も見られますぞ。

山頂に到着よ!!

太郎
富士山!!

いやああ 絶景かな絶景かな

金太郎宿り石

金時山からの眺め
金時山山頂からの富士山金太郎
山頂は静岡県と神奈川県の
境目になっています。
ここから南足柄方面に下りると、
金太郎の生家跡、金太郎遊び石、
金太郎の産湯に使ったと言われる
「夕日の滝」があります。

夕日の滝
金太郎の水
金太郎遊び石
金太郎兜石
金時山を南足柄市方面「夕日の滝」方面に下りると、金太郎のふるさとがある。夕日の滝は金太郎の産湯に使ったという言い伝えがあり、敷地内では「金太郎の力水」と言われる涌き水を汲むことができる。すぐ近くには金太郎が幼少の頃遊んだと言われる「金太郎遊び石」があり、そのすぐ上の田んぼには「兜石」言われる岩があり、金太郎が頭にかぶせて兜に見立てた姿で人々を喜ばせたと言う。その向かい側には「金太郎生家跡」があり、礎石のみ残っている。いずれも案内板などは朽ち果て、「観光名所」とはほど遠い空気だが、南足柄市にはいろいろな場所に金太郎の像を見ることができ、「金太郎のふるさと」として街の知名度向上に一役買っているようである。
金太郎
金太郎
金太郎
金太郎
山頂から夕日の滝まで歩くとさらに2時間近くかかるのね。爺、今日はパス。

そうですな、私ももうへとへとです。今日はこのまま箱根に降りて、「ホテル大箱根」に泊まりましょう。
「姥子温泉」を引く大浴場がありますぞ。

 ホテル大箱根  姥子温泉 今晩の姫たちの宿「ホテル大箱根」。姥子(うばこ)温泉の姥とは金太郎の母のことで、子とは金太郎のこと。金太郎が目を傷めたときにこの温泉に通い完治したと言う伝説の残る湯。ホテルはスペインを思わせるシックでクラシカルなつくりで、目の前の大箱根カントリークラブは女子プロトーナメントが行われるコース。





浦島太郎・金太郎など民話伝説をめぐる旅


矢印 浦島太郎編

矢印 金太郎編

矢印 天狗伝説編

矢印 絵巻旅トップへ

 






  • 個人情報保護方針
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • 会社情報
  • プレスリリース
  • 採用情報
  • 西武グループ会社一覧
Copyright (c) PRINCE HOTELS,INC. All rights reserved.